たなちの備忘録

自分の知識をストックしていくためのブログ

【AWS】無料枠でインスタンスを作成してSSH接続するまで

スポンサーリンク

勉強がてら無料枠でサーバを立ててみたので、備忘録として書いてみます。

リージョンの変更

まずはコンソールにログイン後、リージョンを「アジアパシフィック(東京)」に変更。

インスタンスを起動するときは、特定のお客様にインスタンスを近付けるリージョン、または法律や他の要件を満たすリージョンを選択します。
リージョンとアベイラビリティーゾーン - Amazon Elastic Compute Cloud

インスタンスの作成

ステップ 1:Amazon マシンイメージ(AMI)

一番上のAmazon Linux AMI (HVMタイプ)を選択しましたが、名前が似たものがあったのでメモしておきます。

  • Amazon Linux 2 LTS

こちらはAmazon Linuxの後継となるOSだそうです。
参考:Amazon Linux 2 の登場と、Amazon Linux との違い、移行方法などをQ&Aから抜粋したメモ - Qiita

  • Amazon Linux AMI 2017.09.1 (PV)

Linux Amazon マシンイメージ では、2 つの仮想化タイプ (準仮想化 (PV) およびハードウェア仮想マシン (HVM) ) のどちらかを使用します。PV AMI と HVM AMI の主な違いは、起動の方法と、パフォーマンス向上のための特別なハードウェア拡張機能 (CPU、ネットワーク、ストレージ) を利用できるかどうかという点です。

最適なパフォーマンスを得るために、インスタンスを起動するときには、現行世代のインスタンスタイプと HVM AMI を使用することをお勧めします。
Linux AMI 仮想化タイプ - Amazon Elastic Compute Cloud

ステップ 2: インスタンスタイプの選択

AWS 無料利用枠の対象の「t2.micro」を選択。最初の 12 か月間は、毎月最大 750 時間のマイクロインスタンスを利用できます。

ステップ 3: インスタンスの詳細の設定

初期設定のまま。

ステップ 4: ストレージの追加

EBSとは、Elastic Block Storeの略で仮想ストレージとのこと。初期設定(汎用SSD)のまま次へ。

ステップ 5: タグの追加

任意でタグをつくります。設定しなくても大丈夫です。Nameタグは自動で生成される?

ステップ 6: セキュリティグループの設定

SSH接続の設定でソースに「マイIP」 を選択して次へ。

「説明」に日本語が入っていると、インスタンス作成時に次のエラーが表示されるので注意。

Invalid rule description. Valid descriptions are strings less than 256 characters from the following set: a-zA-Z0-9. _-:/()#,@[]+=&;{}!$*

ステップ 7: インスタンス作成の確認

内容を確認して「作成」をクリックするとキーペアの作成ポップアップが表示されるので新しいキーペアを作成します。

ウイルスセキュリティソフトのせいでダウンロードが開始しない場合があるので、僕は一時的に無効にしました。

うまくいくとこの画面に進みます。

f:id:chi_tana:20171228181537p:plain:w500

請求アラートの設定

インスタンスを作成してる間に請求アラートの設定をしておきます。

さっきの画面の「予想請求額の通知を受け取る」をクリックすると設定画面に飛びます。

チェックを入れて保存します。

f:id:chi_tana:20171228183659p:plain:w500

インスタンスの作成完了

インスタンス一覧画面から進捗を確認します。作成が完了していると、ステータスが「2/2 のチェックに合格しました」と表示されます。

f:id:chi_tana:20171228205704p:plain:w500

SSH接続

インスタンス一覧画面の「接続」をクリックすると接続情報が表示されます。

f:id:chi_tana:20171228205740p:plain:w500

キーファイルの権限を設定

chmod 400 mykey.pem

SSH接続できるとEC2のロゴが表示されます。

$ ssh -i mykey.pem ec2-user@ec2-XX-XXX-XXX-XX.compute.amazonaws.com

       __|  __|_  )
       _|  (     /   Amazon Linux AMI
      ___|\___|___|

https://aws.amazon.com/amazon-linux-ami/2017.09-release-notes/
1 package(s) needed for security, out of 6 available
Run "sudo yum update" to apply all updates.

参考にさせていただいたサイト

[AWS] EC2インスタンスを作成してログインする。 – LexTech

AWS EC2を使って無料枠でWebサーバを立ててみた(2015年12月版) - sometimes I laugh

以下、追記

インスタンスを作成して最初に行うこと系のリンク

セキュリティ的にとても大事なので、下記サイトの手順通りに行います。

AWSアカウントを取得したら速攻でやっておくべき初期設定まとめ - Qiita

IAMユーザ作成についてはこちらの記事の方が新しい。

AWS管理用のIAMユーザ作成とMFA(多要素認証)の導入

AWS EC2 Amazon Linuxインスタンス起動後、最初にやることまとめ(SysVinit編) - Qiita