プログラミングと心理学の忘備録

自分の知識をストックしていくためのブログ

【歯列矯正】舌の位置を変えたら体調がよくなった話

スポンサーリンク

f:id:chi_tana:20170716123450j:plain:w500

少し前から歯列矯正を受けている。

治療の一部として「舌のトレーニング」を定期的に受けているが、結果的に鼻呼吸を意識するようになったので、良かったことを書いていく。

舌のトレーニングとは

なぜ歯並びを治すのに舌が関係あるのか、と思う人もいるかもしれないが、舌の位置や使い方がおかしいと歯並びも悪くなる。

そもそも舌には正しい位置(スポット)があり、通っている歯医者さんから上顎に張り付いているのが正しい位置だと教えてもらった。ここに舌がいないと、無意識に歯を押して出っ歯になったり受け口になったりする

そうなることを防ぎ、舌の位置を本来あるべき場所に戻すのが舌のトレーニング。舌も筋肉だから舌の筋トレみたいなもの。

具体的なトレーニング方法は色々な歯医者さんのブログを参考にしてください。こちらのサイトが参考になりました。(3−1から舌トレの話。)
hanoblog.com 

鼻呼吸になってよかったこと

元々口は閉じていたつもりだったが、舌の位置が変わるとなんというか鼻から入った空気が余計な部分を通らずに気道に入る感覚がある。口呼吸を鼻呼吸に変えることのメリットを以下に挙げていく。

頭が冴えるようになる

酸素がちゃんと体に取り込まれている感覚があって、以前よりも思考がクリアになった気がする。調べてみたら医学的にも証明されていた。
www.atpress.ne.jp
記事には論文へのリンクもある。

口呼吸では前頭葉の活動が休まらず、慢性的な疲労状態に陥りやすくなることに起因する可能性が明らかになりました。前頭葉の慢性的な疲労状態により、注意力が低下し、学習能力や仕事の効率の低下を引き起こしてしまうことが考えられます。

前頭葉が疲労すると、やるべきことに集中できなかったり学習能力も低下する。効率よく仕事したい人や集中力で悩んでる人は一度自分の呼吸を見直すべき。

睡眠の質がよくなる

朝起きた時に喉が乾いていることも少なくなり、目覚めがとてもいい。体感として体がきちんと回復している。また、睡眠時無呼吸症候群のリスクが減るとのこと。この病気は脳卒中・脳梗塞のリスクを高めるというデータ()もある。
口呼吸はデメリットばかり。。口臭にも | 神奈川県横浜市港北区 小机歯科

口呼吸の最大のデメリットは、寝ている時の舌の位置が喉のほうに下がってしまい、
睡眠時無呼吸症候群やイビキの原因になるということです。

鼻呼吸であれば舌の位置は前側にありますので、無呼吸症候群のリスクが減らせます。
寝ていて苦しいと感じるほど、寝つきが悪くなり睡眠の質が低下。
寝ているのに休息が取れず、心身の不調にもつながってしまいます。

睡眠中に酸素が脳に供給されなくなると悪影響はもちろん多いし、睡眠の質が悪いと日中の認知能力が低下する。最悪の場合「残業→睡眠不足→効率低下→残業」のループに入るまであるw
こういう口呼吸を防止するグッズは良いと思う。セロハンテープだと唇が荒れるらしい。笑

ネルネル 21回用 (口閉じテープ)

ネルネル 21回用 (口閉じテープ)

運動能力が向上する

これはあまり体感はないけれど、鼻呼吸は酸素を効率よく取り込めるから運動能力にも影響があるよという記事をみつけた。運動すると酸素を消費するので、論理としては納得できる。個人的にはジムでトレーニングをするときにも舌トレの恩恵を受けていたことになる。笑
vol.04 鼻呼吸の方が、運動能力が上がります │ 鼻のクリニック東京

他にも一般的に鼻呼吸のメリットとして言われているのは、以下の通り。

口臭が改善する

口臭は口が乾くと雑菌が繁殖しやすくなることが原因だから、口の乾きを防ぐことで改善する。

風邪を引きにくくなる

鼻呼吸は鼻毛がフィルターの役目をするので、空気中のウイルスが直接体内に入りにくくなる。

表情がよくなる

口角が上がることで唇や顎の筋肉を正しく使い顔つきが変わることから。

まとめ

鼻呼吸をすると、頭が冴えるようになるし、集中力も高まるし、身体的にも健康になるし、運動能力も向上するし、表情もよくなるという話。歯列矯正はそれなりに面倒だったけど、結果的に色々知ることができて良かったと個人的に思ってる。

矯正装置が引っかかって口の中を傷つけてしまうのを防いでくれるやつ。アマゾンで買えるのを今更知った。

睡眠時無呼吸症候群についての参考文献
特集2 睡眠時無呼吸症候群 突然死につながることも 日中の眠気やいびきが気になる方は受診を – 全日本民医連